封筒の中身は “まさか” の・・・(合同遠隔セッション感想)

 

 

今回の ”まさか私が・・” の効果が

家族分All一斉に起こって面白すぎ(!)なので、

感想を送ります^^

 

 

いずみさんがまさにモルディブに向かっていらっしゃる日、

私は実家から都内に移動する日だったのですが、

その際に伯父が駅まで送ってくれ、そのうえ

「交通費(少々)」と書いた封筒を渡されました。

少々とわざわざ書いてあるあたりおしゃれだな~と思ったのですが、

中身を見ると全然「少々」ではなく・・・

 

 

そのうえ、別の日に母(伯父は母の兄です)もその伯父から

○十万包んで渡された と。

いつも優しく心を寄せてくれる伯父ではあるのですが

今回はとくに額が大きかったので驚きました。

母が1年程前から病気で、退院後今も通院中のための

心遣いだったようなのですが・・・

 

 

この時点で、私も母も ”まさか!” だったのですが、

母が伯父からいただいたお金の話を聞いた弟が

「じゃ、ぼくにはそのうち10万を!」と母に言ったところ、

母は「どうぞ」とさらりと言い

弟にも ”まさか!”が!(笑)

 

 

で、その母の言葉を聞いた弟も驚き「冗談冗談~^^;」と

「では、ありがたくその半分の5万を・・」と言ったことで、

弟のその発言に今度は母が ”まさか!”

・・・とそれぞれの

心遣いの”まさか” の循環・・・

とでもいうのでしょうか。

 

 

それぞれの心遣いが

ありがたくも、嬉しくも、微笑ましくもある

”まさか”の連鎖でした^^♪

 

*****

東京都在住の女性 S.N. さんからお寄せいただいた
「まさか私が?!」が起こる合同遠隔セッション
ご感想です。

*****

The following two tabs change content below.
西山いずみ

西山いずみ

宇宙(=潜在意識)をコンサルタントにつけた愛ある鬼・西山いずみのブログです。「自立したい」「起業したい」とお考えの方、魂が喜ぶお金を生み出したい方、誰にも真似のできない人生を生きたい方に、容赦なくバッサバッサと斬り込みます。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket