母に言えた。(合同遠隔セッション感想)

 

 

母との事で「まさか?!」がありました。

 

最近の私は母の何気ないダメ出しに我慢が出来ず

「お母さんの基準は私には分からないから」と

すごく高圧的な態度を取る事が多くなっていました。

先日もそんなやりとりがあり、

私の態度に耐えられなくなった母は泣き出しました。

 

 

ああ泣かせてしまった・・・と思いつつ、

これは私の気持ちを伝えなければと思い、

母が落ち着いてから

幼少期の時まで遡って

何故最近キツイ態度を取ってしまうのか理由を話しました。

この様な場面の時の私は、

いつも小さい女の子に戻ってしまい

自分の思いを上手く言えないのですが

何とか必死に伝えました。

 

今までにも何度かこういう事があり

その度に必死に伝えても、

頭の回転が速く、理論的な母は静かなトーンで

「それが理由でそんな態度をとるなんておかしいでしょ!」とか

「そんなの甘えよ!」とか辛辣な返しをして来る事が多いので、

今回もそんな返事を覚悟していました。

 

 

しかし、母から返ってきたのは

「小さい頃からの事を言われると何も言えなし、

お母さんだってあなたの基準が分からないって思う事はあるわよ。

まぁ・・・だから解決策はないって事ね。

でもお互いにそう思ってるんだって事を理解する事が大切ね

という反応でした。

 

 

えっ?と思いながらも私が

「そうね。きつい態度を取ってごめんなさい」と言うと

母から「こちらこそ・・・」との返事が。

今まで母からそんな事を言われた事がなかったのでびっくり

まさに「まさか?!」な出来事でした。

 

 

小さい時から母の様になれない自分に失望していた私にとって、

母の「こちらこそ・・・」のひと言は、

自分の価値観を受け入れてもらえた様でとても嬉しかったです。

 

 

何十年も苦しんでいた心の葛藤が、一瞬にして解決!

合同遠隔セッション恐るべし!

 

 

*****

東京都在住の女性 K.J.さんからお寄せいただいた
「まさか私が?!」が起こる合同遠隔セッション
ご感想です。

 

*****

The following two tabs change content below.
西山いずみ

西山いずみ

宇宙(=潜在意識)をコンサルタントにつけた愛ある鬼・西山いずみのブログです。「自立したい」「起業したい」とお考えの方、魂が喜ぶお金を生み出したい方、誰にも真似のできない人生を生きたい方に、容赦なくバッサバッサと斬り込みます。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket